髪は一生ものですから末永く付き合いたいものです。中

髪は一生ものですから末永く付き合いたいものです。中でもダディーであれば、とある一定のクラスを超えるといった毛量が気になります。「薄くなってきたな。このままいくとハゲるんじゃないか」ハゲは遺伝でまとまるという方もおられますが、そればかりではないはずだ。敢然とスキームを行えば、ある程度の健康的な髪を維持できます。

・ぼくがしたこと~パーマをかけるのをやめた
これは過去の実話に基づく断念だ。がんらい遺伝チックに薄毛の家柄だ。髪が細かく毛量が少ないので、多少なりとも数多く見せようと思いパーマをかけました。髪がふわり少し多く見えたのをきっかけに、それ以来パーマを増やすことになりました。パーマ液はスカルプの大敵だ。ただでさえ弱い髪にダメージを与えてしまっていました。気づけば、今まで以上に髪が狭くネコっ毛髪になっていました。スローかなと思いましたが、その後パーマをかけるのをやめました。
・ぼくがしたこと~血流をよくするくらし
当然ながら、パーマをやめただけでは髪は返り咲きしません。ぼくは健康的な髪を取り返すために、血行をよくするくらしを意識し始めました。
にんにくサプリ

血行に望ましいミール、普通望める体操、行為を取り入れました。スカルプの血行がよくなるにつれ、地獄期から比べると髪は少し分厚くなりコシが戻ってきました。

他の人と比べると髪は細かく容量も少ないですが、自分の髪を維持することができています。