5年代の時から特訓を始めました。最初は女子の中部

5年代の時から特訓を始めました。最初は女子の中部案内追及で「習ってみたい」と答えさせられ始めたものですから、特訓はハードルが激しくなればなるほど嫌でした。なんで習っているのか何らわかりませんでした。頂点最初のCM会ではドレスを着せてもらい、盛り上げてもらいましたが、逃げまわって、元来医者や女子からの説得もむなしく、弾かずにフォトだけ撮影してもらってほっとしました。何故やめてはいけないのか、何度も女子と相談をしました。女子がいうには「続けていれば終わりなくて良かったというお日様が来るから」とか「何にも習い事やってないんだから、ピアノぐらいやっとけば」とかを日々言われ、やむなくも続けていました。が、最近僅かあたしが変わってきたのです。ピアノを弾くことが上手になってきてから楽しくなってきて、単に努力前にピアノを弾くという、全然粛々と実践がはかどるのです。
アイピル
これが女子が言っていたことなのかな?というちょっと見なおすようになってきました。終わりなくてよかったって今では思います。